トピックス

エダマメの選別作業を体験する参加者
初の農業体験講座でエダマメの調整施設を見学
8月18日、JA富永野菜調整所で地域住民を対象に農業体験講座を初めて開きました。「食と農」に関する体験活動の場を提供することを目的とし、今年6月にJAがエダマメプランター栽培セットを無料配布した方を対象に実施しました。 プランター配付時のアンケートで、野菜の収穫や調整の体験を希望している方へ案内し、7組12人が参加しました。この日はJAで出荷最盛期を迎えている転作エダマメの洗浄や選別などの調整作業を見学し、簡単な作業を体験しました。参加者は「収穫も洗浄も機械で行っていたが、最終的な選別は人の手ですることに驚いた。野菜をより一層大事に、おいしく食べたいと思う」と話していました。参加者には、家族ごとにその場で調整したエダマメを1キロプレゼントしました。 JAでは、地域住民を対象とした継続的なイベントや体験活動を通じて、「食と農」への理解醸成や農業と地域の活性化を目指しています。