トピックス

大豆の播種作業をする生産者
大豆の播種作業はじまる
管内で令和3年産大豆の播種作業が始まりました。今年は「タンレイ」「ミヤギシロメ」「きぬさやか」の3品種を1252ヘクタールに作付けする計画で、作業は6月中旬まで続く見込みです。 5月26日、三本木高倉地区で地域の農家と協力して播種作業をした相澤善文さんは、今年度「タンレイ」を約10ヘクタールに作付けします。相澤さんは「雑草が発生しないよう、防除を徹底する。天候を見ながら適期に管理作業を行い、今年も品質の良い大豆生産をしたい」と意気込みます。 JAの営農担当職員は「今年も排水や雑草対策を徹底し、高品質な大豆を生産してもらいたい」と話していました。