トピックス

来店者に切り絵の制作方法を説明するJA職員(左)
「わいわい茶論」の活動開始
4月16日、4支店で新年度最初のJA古川型福祉活動「支店でわいわい茶論(さろん)」を開きました。コロナ禍により「おうちでわいわい茶論」とし、自宅で楽しめる脳トレ問題集や切り絵の制作キットを来店者に配付ましした。年金支給日に合わせて開催しており、楽しみにしているリピーターも増えています。今年度はコロナ感染対策を講じながら、自宅でできる脳トレや健康体操などの情報提供と簡単な手芸キットを配付する計画です。来店者は「いつも楽しみで欠かさずに来ている。様々な手芸は地域の集まりでも生かせるのでありがたい。今後も続けてほしい」と笑顔で話していました。