トピックス

参加者に花の生け方を指導する郷間さん(左)
桃の節句にフラワーアレンジ
本JAは2月25日、本店でJAカルチャー教室を開きました。参加者は、3月の桃の節句に合わせ、桃の木やチューリップなどを使ったフラワーアレンジメントを学びました。 講師を務めた、みのくら生花店の郷間稔さんは「桃の木を左右まとめて生けると安定する。チューリップは短めにし、バランスを見ながら生けるように」と指導しました。参加者は、吸水スポンジのオアシスに桃の木やカーネーション、スイートピーなどの花を生け、アレンジフラワーを完成させました。 参加者は「バランスよく生ける順番や茎の長さ、色の配置などを学べて勉強になった。家の玄関に飾って春を感じたい」と笑顔で話していました。