トピックス

葬祭会館に設置した非接触型の検温器
葬祭会館に非接触型の検温器を導入
本JAは、新型コロナウイルスの感染対策として、2つの葬祭会館にタブレット型顔認証体温検知カメラを設置しました。入館者の感染リスクを軽減するとともに検温の手間が省けます。検温器は、JA共済の地域活性化活動促進助成金を活用して購入。入館者は、設置したカメラの前に立ち、顔をかざすだけで体温を測定でき、37.5度以上の場合は警告音が鳴る仕組み。検温と同時にマスク着用の有無も確認でき、非着用者には着用を促すアナウンスがされます。本JAではこれまで、スタッフがピストル型の検温器で入館者一人一人の検温を行う手間がかかっていましたが、タブレット型の体温検知カメラを設置したことで、入館者自身で検温ができるため、スムーズに入館できます。本JAの葬祭担当職員は「新たな検温器を導入したことでソーシャルディスタンスを保ちながら対策ができる。今後も安心してご利用いただける施設作りに努めたい」と話していました。