集落座談会で説明を受ける組合員

座談会で自己改革の取組み報告

本JAは、9月6日から12日までの集落座談会で、JAでの自己改革の取組みについて組合員に報告しました。
今回の集落座談会より、「本JAにおける自己改革の取組み報告について」の説明事項を新たに設け、本JAが平成29年1月30日に自己改革として実施した本支店機能再編後の取組みなどを説明。年金宅配や利用者送迎サービスのほか、新設したマーケティング課と担い手課での活動内容やサービスの利用者数を組合員に報告しました。
集落座談会は、管内12地区145会場で開催し、1,475人の組合員が出席。JA理事と担当職員が地域の集会所や公民館などで「17年産米の集荷」や「組合員アンケート」についてなど5つの事項を組合員に説明しました。

 また、今回からは従来の会場のほか、新支店単位で全地区を対象に支店にて夜間の集落座談会を開催しました。