タルトの盛り付けを実演する勝又さん

『女性大学』豆腐料理に挑戦

本JAは11月30日、本店調理実習室で今年3回目となる女性大学「夢ふるカレッジ」を開き、受講者21人が参加しました。
この日は本JAの大豆生産の概要について営農販売部の加藤勝販売課長が説明を行った後、美里町の伏見豆腐店スイーツ部門「すいーつ畑・ふしみ」の勝又千枝さんが「おとうふクッキング」をテーマに豆腐deカルボナーラ、豆腐カスタードのフルーツタルトなど豆腐を使った4品の作り方を指導しました。勝又さんは「調理の手間と時間を短縮するために、豆腐は水切りせずに作れるレシピを紹介します」などと説明。参加者は勝又さんのオレンジの皮を簡単に剥く包丁の使い方などを見て「手間がかかるからと敬遠していた作業も、これなら簡単にできそう」と驚きの声をあげていました。

 

昼食会で作り上げた4品を試食すると「コクがあり、味がしっかりしていて驚いた」「ヘルシーなので日々の料理に取り入れていきたい」と参加者は満足した様子で話した。