方言生かし会話を楽しもう!

大崎市管内JA信用事業連絡協議会(JA古川、JAみどりの、JAいわでやま)は10月14日、大崎市古川の芙蓉閣でJAバンク宮城住宅セミナーin大崎を開き、住宅関連会社などから約50人が出席しました。
この日は、落語家の六華亭遊花さんが講師を務め「なまって。わらって。コミュニケーション!」と題して講演したほか、JAの担当職員がJA住宅ローンについて説明しました。六華亭さんは、レポーター時代に何気なく出た方言から会話が弾んだことに触れながら「普段からその土地で使っている言葉は相手の心を開いてくれる。時と場合によるが、方言を交えながら会話を楽しんでみて!」と呼びかけました。出席者は「会話の中に方言を交えると安心して下さるお客様もいる。今日、学んだことを生かしたい」と話していました。

セミナー終了後には、同協議会の猪股博会長(本JA常務理事)が六華亭さんに「ささ結」の新米と、同米で仕込んだ日本酒を手渡しました。