佐々木さん(中)から作製のコツを教わる参加者

女性大学『夢ふるカレッジ』開校!!

本JAは、次世代を担う女性に学習の機会を提供し、仲間づくりとJA事業への参加・参画する人材を育成することを目的に、女性大学「夢ふるカレッジ」を開校しました。
9月28日、管内在住の20〜40代の女性22人を第1期生として迎え、開校式を開きました。この日はJA講座と手芸教室を行いました。

JA講座では菅原総務部長を講師に、協同組合の成り立ちや仕組み、JAの様々な事業について説明。講話を聞いた参加者は「難しい内容だったが、JAの事を知る良い機会になった」と話していました。約20分の講話の後、futabaの佐々木みゆきさんを講師にプリザーブドフラワーのアレンジに挑戦しました。この女性大学では、1期2年間とし、全10回の講義を計画しています。カリキュラムの中には毎回JA講座の時間を設け、若い世代にJAを知ってもらえるよう、取り組んでいきます。