佐藤さん(左)から稲刈りの手ほどきを受ける参加者

子供たちが手刈りに挑戦

本JAは9月24日、今年3回目となる「JA古川アグリキッズスクール」を大崎市古川の佐藤俊光さんが所有する2eの圃場(ほじょう)で開きました。この日は、管内の小学2〜6年生12人が参加し、手刈りによる稲刈りを体験しました。
刈り取りしたのは、5月に参加者が自ら植えた「ひとめぼれ」。佐藤さんから鎌の使い方など、稲刈りの手ほどきを受けた参加者は秋晴れの絶好の稲刈日和の下、黄金色に色づいた稲を鎌で上手に刈り取りました。刈り取った稲は5〜8株程度にまとめてひもで縛り、杭に「棒がけ」をしました。

参加した中嶋健伸くん(小学6年生)は「手本を見た時は簡単そうだと思ったけど、実際にやってみると大変だった」と話していました。