ディスカッションした内容を発表する参加者

JAの枠超え交流深める

 本JAとJAいしのまきの青年部・フレッシュミズ部会は9月4日、合同交流会を女性部長岡支部長の石村明美さん宅で開き、部員33人が参加しました。この交流会は平成25年から始まり今年で4回目となります。
この日は、地域の子ども達を対象とした合気道教室や学童保育を行っている石村基さん・明美さん夫婦が講師を務め、 石村さんの自宅敷地内にある合気道道場で基さんが護身術を伝授したほか、石村さん手作りの石窯を使い、明美さんがピザ作りを指導しました。
また、石村さんが行う地域活動について講話をいただいた後、グループディスカッションを行い「地域のために出来る事」や「これからやってみたいこと」などについて協議。参加者からは「子ども達への食農教育を充実させたい」「地域活性のためボランティア活動をもっと行なうべき」などの意見が出されました。

今回の交流会について、参加者は「地域で活躍する先輩の話を聞き、実際に体験できたことは大変勉強になった。JAの枠を超えたこの繋がりをこれからも大切にしていきたい」と話していました。