苗を植える目印をつける参加者と新採用職員

アグリキッズスクール開校!

本JAは5月14日、今年1回目のアグリキッズスクール(全4回)を開き管内の小学生9人が参加しました。
この日は、ほ場の所有者で同スクールの農場長を務める佐藤俊光さんが参加者に手植えのコツを伝授。佐藤さんは「『米』という漢字を分解すると『八十八』となる。米作りは八十八の手間がかかります。今日はその一つの田植えをしますので、楽しみながら挑戦してください」と話しながら手植えのコツを指導していました。佐藤さんの手ほどきをうけた参加者は、泥だらけになりながら約1eの圃場に「ひとめぼれ」の苗を植えつけました。
参加した本田凌羽くん(3年生)は「思っていたより田んぼの中が温かくてびっくりした。初めての田植えだったけど上手に出来たと思う」と話しました。

このスクールには、本JAの新採用職員4人も新入職員研修の一環として参加。子供達と触れあいながら農業について学んでいくことになっています。