緊張した表情で佐々木組合長から辞令を受ける新採用職員

新採用職員4人が新たな一歩

本JAは4月1日、本店で辞令交付式を行い、新採用職員4人が、JA職員としての第一歩を踏み出しました。新採用職員を代表して金融業務課に配属となった大場恵未里さんが「JA職員としての自覚と責任をもち、より一層の地域農業の発展のために精進していきます。」と力強く宣誓を行いました。
新入職員のほか、異動対象職員一人ひとりに辞令を手渡した佐々木稔組合長は「JAは組合員とともに歩む組織である。組合員の負託に応えられるよう、JA職員としての自覚を持って業務に取り組んで欲しい」と激励しました。