園児にいちごを手渡す部会員

いちご部会が管内産「いちご」をほなみ園に贈呈

本JAいちご部会は、3月3日、部員4人が大崎広域ほなみ園を訪れ、「とちおとめ」40パックを園児に手渡しました。いちごを受け取った園児は「美味しいいちごありがとう」とお礼をした後、一生懸命練習したよさこいソーランやひなまつりの歌を披露してくれました。
佐々木孝園長は「このイベントがはじまってから毎年来てくれる方もいて、子供たちも皆さんが来てくれる事を毎年楽しみに待っているようです」と話していました。
同部会の中條泰洋さんは「皆さんの笑顔を見て私達も元気をもらった。これからもこの取り組みを続け、よろこんで食べてもらえるいちごを作っていきたい」と話していました。
この取り組みは平成5年から始まり今年で23年目を迎えました。