小関さんが議長を務めスムーズに議事が進行した

古川農協オーナー会第17回通常総会

古川農協オーナー会は2月5日、アインパルラ浦島で第17回通常総会を開きました。中央支部の小関幸一さんが議長を務め、平成27年度事業報告や平成28年度事業計画など、3議案全てが承認されました。

総会終了後に開かれた研修会では、入居率の推移などついて宅建課の職員が説明。管内でアパートの建築が急増したことや、災害公営住宅の入居が始まった影響を受け、賃貸物件の供給過多が進んでいる現状に触れ、「募集条件の変更や、入居者の求める設備への更新等を提案しながら入居率の確保に努めていきたい」と話していました。