来店者に「仙台牛」の説明をする部会員(左)

肉牛部会が店頭でPR活動

 本JA肉牛部会は10月7日、県内のヨークベニマルで実施された「仙台牛」フェアに出向き、部会員が店頭で販促活動をしました。同部会員が生産した仙台牛を販売したヨークベニマル古川店では、商品に「みやぎうまれ みやぎそだち JA古川」のオリジナルシールを貼り産地銘柄をアピールしました。
同店で販促活動をした部会員は「仙台牛をどうぞご賞味ください」と呼びかけながら、試食として一口サイズの焼肉を提供。部位ごとに合う食べ方などを説明しながら来店者に仙台牛のおいしさをPRしました。商品を購入した来店者は「仙台牛は柔らかくておいしいので購入した。今日も食べるのが楽しみ」と笑顔で話していました。

この日は、県内のヨークベニマル59店舗で仙台牛が表示価格の半額で販売され、購入者に仙台牛の切り落としや「ひとめぼれ」の新米などが当たるスピードくじ抽選会が行われました。