収穫した籾を確認する齊藤さん(写真右)

カントリーエレベーターで荷受け始まる

 本JAは9月13日、稲刈り最盛期に向け管内3カ所にあるカントリーエレベーターの稼働をスタートしました。10月中旬まで約10万俵の米を受け入れる計画で、今年度からは組合員からの要望を受け、大崎市のブランド米「ささ結」の荷受けを初めて実施します。
受け入れる品種は、「ひとめぼれ」、「ササニシキ」、「まなむすめ」、「トヨニシキ」、飼料用米に加え、「ささ結」の6品種。組合員が刈り取った籾をフレコンで搬入し、本JA職員が品種や籾の状態、水分量などを確認して受け入れます。カントリーエレベーターのほか、管内5カ所の倉庫などにカントリーエレベーターサブセンターを設置しており、カントリーエレベーターから遠い圃場でも刈り取った籾をフレコンごと受け入れることで農家の作業効率アップと利便性向上を図っています。

本JAでは、組合員にカントリーエレベーターの利用を促し、農業経営の低コスト化に努めるとともに高品質で均一な米を計画的に出荷しています。担当職員は「計画的な刈り取りを行い、事故のない作業に努めてほしい」と呼び掛けています。