「五百川」の新米を試食する来店者(右)

新米をいち早くお届け

  Aコープ古川店で9月6日、県内のJAグループで最初の新米販売がスタートしました。品種は極早生種「五百川」で、限定100袋(1袋5`入り)を販売しました。
販売した新米は、本JA管内で8月27日に収穫し、8月30日の等級検査では全量1等米に格付けされたもの。販売開始日には、本JAの担当職員が同店内で試食販売を実施しました。試食をした来店者は「新米の香りがしておいしい。毎年、いち早く販売される五百川を楽しみにしている」と笑顔を見せました。

同店の担当者は「つやも新米の香りも良い。ぜひ、多くのお客様にも味わってもらいたい」と話していました