ネギを出荷する阿部さん

夏ネギの出荷スタート

  本JAねぎ部会は7月26日、夏取りネギの出荷をスタートしました。
 初日は部会員の一人、阿部正登さんが夏取りの品種「ホワイトサマー」14箱(1箱5`)を出荷しました。阿部さんは「今年は雨の日が多く、病害が多かった。これから暑くなると害虫が発生するので、早めの防除をし、高品質のネギを出荷していきたい」と話していました。本JAの担当職員は「長雨、日照不足の影響で例年よりも出荷時期は遅れ気味。病害虫の発生が多くみられるので早めの対策を呼び掛けていく」と話していました。
 8月には出荷最盛期となるため、共同調製施設の稼働を始める計画です。

 本JAでは、ナス、トマト、シュンギクとともにネギを園芸重点品目に指定しており、1品目1億円を目指して生産拡大に努めています。