来店者に野菜をプレゼントする伊藤店長(左)

仙台トヨペットグランドオープンで
地場産野菜プレゼント

  本JAは、産直組織などを通じて仙台トヨペット古川店に地場産野菜を供給し、6月8日に同店がグランドオープンイベントで来場者にプレゼントしました。
この企画は、同店が「地域に根付く販売店」として地元でとれた旬の夏野菜を地域の方々に味わってもらうために実施したもの。「地産地消」と「世界農業遺産」をテーマに管内産のナス、トマト、キュウリの詰め合わせをプレゼントしました。店内では、世界農業遺産「大崎耕土」ののぼり旗設置や管内にある産直コーナーのチラシも配布しました。
伊藤重男店長は「他のイベントでも野菜のプレゼントは喜ばれており、女性や子どもに楽しんでもらえるよう企画した」と語りました。JAの担当職員は「今後も地元の企業と連携を図り、安全、安心な地場産品を若いファミリー層を中心にPRしていきたい」と話していました。

この企画は、全4日間実施され、合計700セットをプレゼントしました。