カードゲームを楽しむ参加者とにじの会会員(中)

ミニデイサービス「ひなたぼっこ」に年間416人が参加

  本JAは3月20日、志田地区公民館で平成30年度最後のミニデイサービス「ひなたぼっこ」を開きました。
助け合い組織にじの会の会員2人が健康講話に加え、歌や手遊び、カードゲームなどを指導しました。昼食は本JA女性部志田支部の部員が手作りした弁当を振舞いました。参加者は「脳トレやゲームをして、おいしいものをご馳走になりとても有意義な時間だった。また次回も参加したい」と話していました。
今年度は、女性部と同会の協力を得て管内の各地域で23回実施し年間416人の地域高齢者が参加しました。

本JAでは、福祉活動の一環として同サービスやJA古川型福祉活動「わいわい茶論」などを実施し、地域高齢者が集う場づくりにより健寿命の伸長を目指しています。