収穫されフレコンに入った大豆を間近で見学する児童

小学生が大豆センターを見学

 大崎市立西古川小学校3年生の児童16人が11月16日、総合的な学習の一環として本JAの大豆センターを見学。管内で生産が盛んな大豆の出荷までの流れを学びました。
本JAの販売課担当職員がセンターの役割や管内で生産している大豆について説明。児童は大豆の乾燥や調製作業をしているところを見学しました。児童は「大豆は1日にどれくらいとれるのか」「大豆には温度管理はあるのか」などたくさんの質問をし、担当職員が一つ一つ丁寧に答えました。同校では、3年生の総合的な学習で大豆を栽培し、1月には収穫した大豆を使った豆腐作りを学ぶ予定です。

大豆センターでは、「タンレイ」「ミヤギシロメ」「きぬさやか」の3品種を集荷しており、年間2,500dの大豆を調製、出荷しています。