コンバインに乗って稲刈り体験をする参加者(右下)

ヨークベニマル消費者交流会「ささ結」稲刈り体験

 本JAは9月15日、古川敷玉地区の圃場でヨークベニマル消費者交流会「ささ結(東北194号)」稲刈り体験を開きました。参加者はコンバインでの稲刈り体験後、田んぼで新米のおにぎりを作って味わいました。
このイベントは本JAが古川地域にあるヨークベニマル4店舗の協力を得て開催したもの。5月の田植え体験、7月の田んぼの生きもの調査への参加者限定で行い、8組26人が参加しました。参加した子どもは「今日の稲刈り体験をずっと楽しみにしていた。コンバインに乗るのは緊張したけれど、ちゃんと稲刈りできた」と話していました。

本JAでは、農業体験や安全・安心な農畜産物の情報発信を通じて大崎地域のブランド米「ささ結」をPRするため、3回シリーズで農業体験を実施しました。東北194号のうち、食味を重視した「ささ結」ブランド認証基準を満たしたものがブランド米「ささ結」となります。