利用者(右)から通帳を預かるJA職員(左)

年金宅配サービスが好評

平成29年1月の本支店機能再編に伴い、本JAが始めた「年金宅配サービス」が好評です。このサービスは職員が利用者の自宅を訪問し、通帳預かりの手続きをし、支店で出金後、利用者のもとへ年金を届けるもの。特に車を運転できない高齢者から好評です。
 自己改革の一環として、これまで以上のサービスを展開することを目的に開始。3月29日現在、58件の契約があります。
 4月16日、本JA北部支店の職員に依頼し、年金を受け取った利用者は「車を運転できないため、サービス開始から利用している。JA職員にはいつも親切にしてもらい、とてもありがたい」と話していました。
 北部支店の職員は「お客様に喜んでもらえて嬉しい。これからも親しまれ、ご利用いただけるJAを目指したい」と話していました。
 本JAの金融担当職員は「本支店機能再編により、支店が遠くなってしまった方にも不便なくご利用いただけるよう、サービスを始めた。今後も変わらずにJAを利用してもらいたい」と話します。

同サービスは、本JAで年金の受け取りをしている人全員が対象。事前に年金受給口座開設支店に申し込みをし、登録をすれば、誰でも利用できます。